2011年11月18日金曜日

Mr. Do!'s Castle (1984) (Atari 2600)



アーケードからの移植作。

このゲームはさまざまな機種に移植されている(機種別のスクリーンショット)。

動画 ― Mr. Do!'s Castle for the Atari 2600
http://www.youtube.com/watch?v=FkSycE6_pKI

これより下の文章は以下のサイトの英文を訳したものです。
翻訳することに関しては、The Video Game Criticの管理者Dave氏から承諾を得ています。
http://videogamecritic.net/2600mo.htm#Mr._Do!'s_Castle

発売元 Parker Bros.(1984)
評価 C-

オリジナルのMr.Doは良質な娯楽作品だった。
しかし、Mr.Do'Castleはプレイヤーにすごく厳しいゲームになっているのだ!
画面は動くハシゴでつながった、6つのデコボコした床で構成されている。
その画面に見るべき所はないが、緑と紫の色彩設計は人目を引く。
“ユニコーン”の群れが上のほうからハシゴで降りてくるところからアクションは始まる。
ユニコーンがハシゴを使って降りてくるなんてインチキ以外の何ものでもない。なぜなら奴らはそもそもハシゴを使うことが出来ないはずだからだ。ユニコーンてのは「ひづめ」をもってるじゃないか。いいかげんにしろ!
リアリズムの観点からツッコミをいれるのはここまでにしておこう。
ファイアーボタンを押すと主人公のMr.Doはハンマーを振りおろすのだが、それはまるで主人公の額についている付属肢がケイレンしているように見える。
プレイヤーは床のブロックをたたき落とすことが出来る。それによって出来た穴に知性の欠けた敵が落ちていく。
また、下を歩いている敵の上にブロックを落とすことで多くの得点を稼ぐことが可能だ。
この方法でゲームを進めていくのが簡単なことのように聞こえるかもしれないけれど、実際はこの方法を用いることでプレイヤーはより困難な状況に置かれることになる。
なぜなら、床のブロックを落としてしまうことで主人公の行動できる範囲が狭くなってしまい、ハシゴで床を降りていくことが難しくなってしまうからだ。
当たり判定が雑なために、もしプレイヤーが安全な位置取りをしなければ、プレイヤーはMr.Do(やる男)からMr.Done(死んだ男)になってしまうだろう。
音楽は覚えやすくて人の心をとらえる二つのパートのメロディーがループして流れるのだけれど、その曲はプレイヤーに心地良い喜びを与える。
グラフィックは良いとはいえない。そして、詳しことは良くわからないけれど、このゲームに出てくるユニコーンはLand of the Lostに出てくるSleestaksではないかと思う。
Mr.Do'Castleは一般消費者(大量消費)向けのソフトではないけれど、難易度の高いゲームを探しているゲーマーは何度も何度もリセットボタンを押して、ゲームを再開しようとしている自分に気がつくだろう。
このゲームはあまり楽しいものではない。プレイヤーの幸運を祈る!

2011年9月29日木曜日

更新情報

8月5日に『Pitfall!』の原文のレビューが大幅に書き換えられたので、和訳も新しく書き換えました。

2011年8月15日月曜日

更新情報

7月29日に『Realsports Tennis』,『River Raid』,『Tennis』の原文のレビューが大幅に書き換えられたので、和訳も新しく書き換えました。
 
Realsport Tennis

 
River Raid

 
Tennis

2011年5月23日月曜日

Halloween (1983) (Atari 2600)



ジョン・カーペンター監督のホラー映画『ハロウィン』(1978)のゲーム化作品。

動画 ― Halloween Atari 2600 Review
http://www.youtube.com/watch?v=U9qg4aho0OI

これより下の文章は以下のサイトの英文を訳したものです。
翻訳することに関しては、The Video Game Criticの管理者Dave氏から承諾を得ています。
http://www.videogamecritic.net/2600hl.htm#Halloween

発売元 Wizard (1983)
評価 B-

Wizard のこの古典的なホラー映画の巧妙なゲーム化作品は完璧に出来ている。
プレイヤーは二階建ての家(その家は横幅が広く、いくつかの画面に分割されている)の中で、ベビーシッター(ジェイミー・リー・カーティス)を操作する。
家の両端にある“安全な部屋”に子供を連れて行くことでポイントを稼いでいく。
家の中にある部屋の数々はカラフルだけれど、たまに窓や出入り口がある以外は空っぽだ。
子供を見つけると、プレイヤーは子供を安全な場所に連れて行くことが出来る。だが、子供を“ロックオン”する際の操作性は不安定だ。
グレーのジャンプ・スーツを着てナイフを振り回してくるマイケル・マイヤーズは恐ろしく見える。でも、ベビーシッターのジェイミー・リー・カーティスがふわふわした赤いスカートをはいていたかどうかは憶えていない。
映画と同様にマイケルはゆっくりと近寄って来るが、残忍だ。
彼がいつ突然に出入り口やスクリーンの端から現れるかわからない。
そして、マイケルは不気味な『ハロウィン』のテーマ曲とともに登場してくるのだ。
主人公が彼のえじきとなると、プレイヤーは滑稽さと紙一重の、ちょっとやりすぎと思えるほどの残虐描写を目にする事になる。ゲーム中、主人公は何度も首を失い、血を噴出するが、その画素化された血は大げさすぎる。
ゲーム展開はゆっくりとしているけれど、それによっていくらかの微妙な陰影が醸し出されている。
マイケルの動作は予測可能なので、タイミングがよければプレイヤーは子供を連れて行きながらマイケルを避けて通ることが出来る。
時々、プレイヤーはナイフを拾えることがあり、それによって一時的にマイケルに反撃できるようになる。
二階の明かりが時折消えると、暗闇の中を逃げ回っているという感じがさらなるサスペンスを加味してくれる。
画面の上段に表示されているかぼちゃのちょうちん(ジャック・オ・ランタン)はプレイヤーのライフの数をあらわしている ― 気の利いた手法だ。
このゲームに対する私のもっとも大きな不満は、マイケルがあまりに頻繁に出現するので、サスペンスの要素が最小限に抑えられてしまっていることだ。
『ハロウィン』はあらゆるゲームのなかで最も良く出来た作品というわけではないけれど、映画のファンとゲームコレクターはこのゲームに魅了されるはずだ。

2011年5月14日土曜日

更新情報

4月21日に『Circus Atari』,『Keystone Kaper』,『Phoenix』の原文のレビューが大幅に書き換えられたので、和訳も新しく書き換えました。
 
Circus Atari


 

Keystone Kaper

 

Phoenix

2011年3月2日水曜日

Moonsweeper (1983) (Atari 2600)


動画 ― Moonsweeper sur Atari 2600
 
Moonsweeper for the Atari 2600
 
これより下の文章は以下のサイトの英文を訳したものです。
翻訳することに関しては、The Video Game Criticの管理者Dave氏から承諾を得ています。
 
発売元 Imagic (1983)
評価 B-
 
Moonsweeperは世界で最も中毒性の高いゲームとはいえないけれど、宇宙を舞台にした平均的なシューティング・ゲームよりは面白味がある。
このゲームはいってみれば、Solaris(Atari, 1988)をシンプルにしたバージョンのようなものだ。
ゲームは宇宙空間を舞台とし、プレイヤーの操る宇宙船はスクリーンの底に位置している。中央には太陽がある。
軌道に乗った物体が画面の端を回り、プレイヤーの宇宙船に衝突しようとしてくる。
プレイヤーは"space bullet<宇宙の弾丸>"(なんて安っぽいネーミングなんだ!)と呼ばれる彗星とピクセルを避けていかなければならない。
惑星に接触することで、プレイヤーは惑星の表面に移動することが出来る。その様子は(簡素ではあるが)滑らかなアニメーションで描かれる。
惑星を飛行していくプレイヤーの目的は、6人の鉱夫を救出し、“アクセレーション・リング”の中を通って、彼らを安全な場所に送り届けることだ(さらにいえば、美味しいボーナス点を稼ぐことだ)。
プレイヤーが打ち壊したり、避けていったりする必要のあるカラフルなタワーがあるのだが、遠い距離からだとそのタワーが鉱夫にひどく似ているので気をつけよう!
また、プレイヤーは画面の上段を浮遊する大きな“ランチャー”シップや衛星に対処する必要がある。
初期設定だと、ジョイスティックを上に傾けることで前方に弾を発射していくのだけれど、ショイスティックを下に傾けることでターゲットに向けてもっと素早く直進していくミサイルを放つことが可能だ。
ランチャー・シップが“サーフェイス・デストロイヤーズ”を放つ瞬間はクールだ。でも、このちっぽけなろくでなしどもは卑劣なクソ野郎だ!
もしこいつらがプレイヤーの宇宙船を撃つことが出来ない場合、こいつらは自機に向かって衝突してこようとしてくるのだ!
プレイヤーはミサイルをまっすぐに発射する他に、斜めにも撃つことが出来る。でも、これは操作性も見た目もぎこちなく見える。
このゲームには4つの異なった色の惑星が用意されていて、その惑星の難易度に比例して獲得出来るボーナスも高くなる。
Moonsweeperのグラフィックは鮮明で綺麗であり、このゲームには4つの難易度が用意されている。プレイヤーが所有しているAtari 2600本体がこのゲームの専用機になってしまうほどハマってしまうことはないにしても、あなたのコレクションに加える価値は十分にある。