2008年9月22日月曜日

Tennis (1981) (Atari 2600)



Tennis Atari 2600 Classic Game Commercial
http://jp.youtube.com/watch?v=z5xLpUktdHw
 
Activision Classics - Tennis (Fast Speed)
http://jp.youtube.com/watch?v=67euEneWzYw
 
これより下の文章は以下のサイトの英文を訳したものです。
翻訳することに関しては、The Video Game Criticの管理者Dave氏から承諾を得ています。
http://www.videogamecritic.net/2600tt.htm#Tennis 
 
発売元 Activision (1981)
評価 D 
 
はじめてAtari 2600用に製作されたリアルなテニスゲームとして(Pongはテニスゲームと見なさない事にする)、ActivisionのTennisは当時ひろく人気を博していた。
このゲームのグラフィックは地味だけれどくっきりとしていて、選手の動きは滑らかで優雅だ。
ゲーム内容はものすごくシンプルだ。
選手がボールに近づくと、選手は自動的にラケットをスイングするし、ボールがラインの外に出てしまう事は決してない。それなので、プレイヤーはポジショニングに集中してさえいればよい。
しばらくは楽しめるけれど、結局はアクションが単調なものになってしまう ― 特に両プレイヤーが上級者だった場合に。
ボールのスピードの強弱をつけることが出来なくて、さらに相手選手にとって厳しい角度にボールを打つことは不可能なので、結果的に両選手はボレーをし続けることになってしまう。
ラケットの先端でボールを打つと、より広いアングルにボールを打つことが可能になるけれど、この方法は利点よりもリスクの方が高い。
ゲームが単調にならないようにプレイヤーが必死になっても、それが裏目にでてしまう。ネット近くでプレイしてもまったく利点がない。
友人と対戦するのは楽しいけど、CPU相手にプレイするのはとてつもなく退屈だ。
時々、CPUはボールを2回バウンドさせてしまってポイントを失うことがあるが、これは単にゲームオーバーにしてゲームを終わらせたいためだろう。
実際の試合のようにジュースやアドバンテージ・インをゲーム中に再現したことは、1981年当時ではすごい事だった。
当時としては、このゲームはまあまあ良く出来たゲームだったけれど、月日がたつとともにみすぼらしいものとなってしまい、今プレイしても眠気を誘われるだけだ。

2008年9月10日水曜日

Pooyan (1982) (Atari 2600)



アーケードからAtari 2600(VCS)への移植作。1985年にはファミコン版がハドソンから発売された(ファミコン版はWiiのバーチャルコンソールで遊ぶことができる)。『プーヤン(Pooyan)』はその他、MSX、AppleⅡ、Commodore64等、様々な機種に移植されている(機種別のスクリーンショット)。
 
これより下の文章は以下のサイトの英文を訳したものです。
翻訳することに関しては、The Video Game Criticの管理者Dave氏から承諾を得ています。
 
発売元 Konami(1982)
評価 F
 
オリジナルのアーケード版は美しく描写されたおとぎ話風のキャラクターたち、面白おかしいアニメーション、そして素晴らしく調和した音楽で知られているが、このバージョンの『プーヤン』はそのアーケード版と比べるとひどい出来になっている。
このAtari 2600版の『プーヤン』は名前(タイトル名)だけで中身がない。
ゲームを開始して楽しげにチリンチリンと鳴る音が演奏されながら、オオカミの群れが行進していく。ここまでは良い。しかしキャラクターを操作するところまでいくと、このゲームが完全な失敗作だとわかる。
プレイヤーは太った物体(設定ではブタということになっている)を操作して、主人公の山の潜伏場所に潜入しようと試みてくるオオカミの大群の計画を阻止していく。
一面ではオオカミたちは風船につかまって降下してくる。プレイヤーは主人公を崖の側面に沿って上下に動かして、オオカミが飛ばしてくる物を避けながら、彼らを撃ち落していく。
時々、プレイヤーは長方形の肉(ミートローフ?)の平たい厚切りを投げることで何匹かのオオカミたちを一度に退治することが出来る。
二面ではオオカミたちは風船につかまって上昇していく。このステージではオオカミは主人公の頭に大きな岩を落としてこようとする。
アーケード・バージョンは個性に満ち溢れていたが、このヒドイ出来の移植バージョンではそれらは全く反映されていない。
主な問題はアニメーションが恐ろしくぎくしゃくしていることだ。これは眼に悪いだけでなく、アーケード・バージョンに顕著であった切れ味のいいシューティングの要素を損なってしまっている。
頭の大きいオオカミたちは、地上にいるときの外見は悪くないけれど、風船にぶら下がっている時はまるで棒線画のようではないか!
効果音は散発的なビープ音に限られている。
『プーヤン』では四つの難易度と二人プレイモードが用意されているけれど、これらはブタに口紅をつけようとするのと似たようなものだ(うわべを飾っても本質は変わらない)。