2008年3月18日火曜日

Pete Rose Baseball (1988) (Atari 2600)



 
動画 ― Pete Rose Baseball sur Atari 2600
 
これより下の文章は以下のサイトの英文を訳したものです。
翻訳することに関しては、The Video Game Criticの管理者Dave氏から承諾を得ています。
 
発売元 Absolute (1988)
評価 C-
 
Atari 7800版の『ピート・ローズ・ベースボール』を非難したので、もしこのAtari 2600版の評価を下げなければ、私は偽善的なろくでなしという事になってしまう。
このゲームは技術的に空間の奥行きを表現している(そのようなものはAtari 2600のタイトルでは滅多に見る事ができない)ので、このゲームの評価を下げる事は残念だ。
画面はテレビの野球中継のように、ピッチャーの後方に視点が固定されていて、キャッチャーの後ろにはちゃんと審判もいる。ピッチャーが振りかぶって投げる動作は滑らかだ。
バッターがボールを打つと画面に内野の右半分か左半分が表示され、そしてボールが内野を抜けた際には、外野の画面が表示される。
外野はウォーニング・トラックや青いフェンスがきちんと描かれていて、青いフェンスには飛距離を示す数字も描かれている。
フライボールの動きはスムーズで追いかけるのは簡単だし、フライボールが外野フェンスに当たって跳ね返ったりもする。
守備の選手の操作に関して言えば、Atari 7800版と同様に内野手が動き回る事の出来る範囲がとても限られていて、操作がしづらい。
だけど、このゲームでは打ったボールが内野ゴロになる確率が低いため、それはそんなに問題ではないようだ。
それ以外の点では、操作性はとても良い。
このゲームの本当の問題は、打ったボールが頻繁にホームランになってしまい、最終的なスコアが10点台かそれ以上になってしまう所にある。
あまりにもホームランが多いため、ランナーが各ベースをゆっくりと小走りしながらまわって行くのを見るのに飽き飽きしてしまう。
ファールボールも多すぎる。そしてなぜ両チームの選手たちは同じ白のユニフォームを着ているのだろうか?
『ピート・ローズ・ベースボール』は見た目はいいかもしれないが、このゲームは本格的な調整をして改良すべき点がたくさんあった。

Double Dragon (1989) (Atari 2600)


 

これより下の文章は以下のサイトの英文を訳したものです。
翻訳することに関しては、The Video Game Criticの管理者Dave氏から承諾を得ています。
 
発売元 Activision (1989)
評価 F
 
このタイトルが発売された時期(80年代の後半)を考えると、このゲームは驚異的なほどにも最悪だ。
これは人気を博したサイドスクロール・アクションを当時の8ビットのハードに移植したものだ。
『ダブルドラゴン』は二人兄弟で、彼らはストリートを歩き、ギャングどもの群れをなぎ倒していく。
このバージョンの問題は、キャラクターが極端に小さくて、彼らの攻撃がほとんど見えないということだ。プレイヤーがボタンを押すと、ちっぽけな腕が現れる――ぜんっぜん面白くない。
“特殊攻撃”を繰り出そうと試みるのは全くの無駄である。
ファイターは決して互いに接触しているようには見えないし、一体全体何が行われているのか判らない(俺が奴を殴っているのか、それとも奴が俺を殴っているのか!?)。
なおさら悪いことに、敵が攻撃を仕掛けてきた時、プレイヤーは一時的にコントロールが出来なくなり、プレイヤーのキャラクターは一方的に攻撃を受けるはめになる。
もしこのゲームを買うのであれば、それよりもギャングの一員になるほうがまだましだ。全てのクールな子供たちはそうしている。

2008年3月14日金曜日

Indy 500 (1977) (Atari 2600)






↑ドライヴィング・コントローラー
 
これより下の文章は以下のサイトの英文を訳したものです。
翻訳することに関しては、The Video Game Criticの管理者Dave氏から承諾を得ています。
http://www.videogamecritic.net/2600hl.htm#Indy_500
 
発売元 Atari (1977)
評価 A
 
Indy 500の美点はその簡潔さにあり、そしてワインのように、この古典的レースゲームは時を経るに従って熟成し、(ゲーム性において)良さが増してきていると思う。
複雑な操作と、予測のつかないハンドリングを要求される最新のレースゲームと比較してみると、このゲームは新鮮な空気を吸っているような感覚だ。
Indy 500の特徴は一画面のトラックと多彩なプレイモードにある。
このゲームに必須の特別なドライヴィング・コントローラーはシンプルなパドルで、それは持続的に車体を回転させることが可能であり、そして“正確な”操作性を提供する。
私はこのゲームがはじめ分厚いオレンジ色の箱に収められていて、とても高価だった(確か36ドルだったと思う)ことを覚えている。
主なゲームの種類は二人同時プレイと、そして二つの氷のコースを含む四つのコースを25周することだ。
ゲームの種類はこれだけではない。このゲームには"crash n' score"というモードがあり、そこでは両方の車が競い合って、画面上にある“ドット”を集めることになる。このモードにおける競争は、両方の車が入り乱れてとても面白い。
“鬼ごっこ”モードも面白く、このモードでは長い時間、一台の車が“鬼”から逃げ惑うことになる。
“タイムトライアル”モードもあるので、プレイヤーが一人だとしても飽きることはない。
近年においても、Indy 500はいまだに良く出来たレースゲームの一つとして、その地位を保持している。というわけで、友人を捕まえて、このゲームで遊ぼう。

2008年3月1日土曜日

Solaris (1988) (Atari 2600)





Atari 2600(VCS)の後期のゲーム。
スタニスワフ・レムのSF(小説)『ソラリスの陽のもとに』や、その小説を映画化したタルコフスキー監督の『惑星ソラリス』(1972)とこのゲームは関係ない。
 
動画
Solaris for the Atari 2600
Atari 2600 - Solaris (09:40) ― サウンド無し
これより下の文章は以下のサイトの英文を訳したものです。
翻訳することに関しては、The Video Game Criticの管理者Dave氏から承諾を得ています。
 
発売元 Atari (1988)
評価 B
 
洗練されたゲーム内容と高解像度のグラフィックにおいて、Solarisは技術的に驚嘆すべきものがある。
あなたの目的は、道中で敵の異星人の部隊を一掃しながら、惑星ソラリスを捜し出し、守ることである。
このゲームの操作は一人称視点のスペース・シューターにとても似ているけれど、プレイヤーが操作する宇宙船は常にスクリーンの底に見えるようになっている。
このゲームには豊富な空中戦が用意されていて、それはだだっ広い宇宙空間で行われるだけでなく、惑星の表面上でも行われる(Moonsweeperのように)。
Atari 2600のタイトルとしては、Solarisの(ゲームとしての)行動範囲は“ものすごく広い”。
このゲームには16個の異なる四分円状のマップがあり、それぞれに48もの領域を含んでいるのだ!
つまり、そこには行き来するための16の異なるマップがあり、それぞれに多種多様な標的(敵の航空隊、艦隊、惑星(友好的な星と敵対的な星)、ワームホール、そして閉鎖領域)が用意されている。
また、特殊な“交通ルート”の領域も用意されており、そこではプレイヤーはとても速く動きながら、異星人の宇宙船を破壊し、そして鍵をひったくることになる。
それぞれのセクターと、(宇宙船を)修理するための基地があるドックのあいだを超高速でワープするには、多くの操作技術が必要となる。
異星人の宇宙船を破壊するのに加えて、プレイヤーは惑星で立ち往生している部隊を救出することも可能だ。
Solarisのグラフィックは一流のものだ。
多種多様な色をほどこされた異星人の宇宙船は、敵の部隊を攻撃している時でもちらつくことがなく、そして淀みなく滑走する。
惑星は美しく見え、そしてマップ画面は細部にいたるまで良く描かれている。
Solarisは野心的なタイトルだけれど、Atariはこのゲームに値する優遇措置を与えなかった(※すなわち、いくつかの不備がある)。
一例を挙げると、(ソフトのパッケージの)ラベルは『Star Raiders』で使われたものを再利用したもので、これはひどく野暮だ。
次に、私は長い間(いろんなゲームの説明書を)見てきたけれど、このゲームに付属している説明書は、その中でも最も簡素で、不十分な解説しか書かれていない説明書なのだ。
イラストも実にひどくて、その結果、このゲームの遊び方を理解するのは困難になっている。
実のところ、私が遭遇した、繰り返し起こるある“バグ”(四分円状のマップから抜け出せなくなるというもの)は、このゲームのルールに対する私の理解が欠落していることと何か関係があるかもしれないと疑っている。
Solarisは優れた(※文末の注釈を参照)努力の跡が見られるけれど、このゲームのルールを理解するにはいくらかの時間を注ぎ込む必要がある。
 
※原文はstellar。本文では“優れた”と訳したが、他に“星のような”や“星をちりばめた”という意味もある。もしかしたら、原著者はSolarisの舞台となっているのが宇宙空間であることに引っ掛けて、この形容詞を選んだのかもしれない。そして“stella”はAtari 2600の開発中のコードネームだ。