2010年2月4日木曜日

Mario Bros. (1983) (Atari 2600)



動画 ― MARIO BROTHERS for Atari 2600 review
 
おまけ ― Super Mario Bros - Atari 2600 Style
 
これより下の文章は以下のサイトの英文を訳したものです。
翻訳することに関しては、The Video Game Criticの管理者Dave氏から承諾を得ています。
 
発売元 Atari (1983)
評価 C+
 
この好ましいプラットフォーム・ゲームは、初めて「マリオ」という名前をタイトルにいれたゲームだ。
そして、このゲームにはマリオの弟であるルイージも登場するのだ!
プレイヤーはひとつの固定画面でプレイすることになるけれど、それでも『マリオブラザーズ』には任天堂の『スーパーマリオ』シリーズを連想させる多くの要素が含まれている。
カメやカニ、その他のクリーチャーたちは画面の上方にあるパイプから出現する。
彼らはゆっくりと下に降りてくるが、プレイヤーが彼らを下から突き上げると、彼らをひっくり返すことが出来る。
彼らが仰向けになってしまえば、プレイヤーは彼らを画面の外にキックすることが可能になり、そうすると得点が加算される。
ルイージを操作することになる第二プレイヤーと一緒にプレイすると、お互いの得点を競い合う熱い戦いが繰り広げられる。
(アーケード版で出来たように)相手プレイヤーを下から突き上げることが出来ないのが残念だ。なぜなら、そのために戦略的な要素が減ってしまったからだ。
Atari 2600版の『マリオブラザーズ』は、このソフトがちゃんと『マリオブラザーズ』に見えるようにするために、Atari 2600の性能をうまく引き出している。
我らのヒーローは複数の色で描かれていて、クリーチャーはわずかにちらつくだけだ。
画面上に同時に表示されるオブジェクトの数には限りがあり、そのために難易度がかなり下がってしまっている。
また、私はカメが自力で直立しようとするアニメーションが嫌いだ――やつらはいったい何をしようとしているのだろうか?
『マリオブラザーズ』はそこそこ楽しめる協力・対戦アクションをプレイヤーに提供しているけれど、しかし移植の過程で、このスケールダウンしたバージョンは面白さを少し失ってしまった。

2010年2月3日水曜日

King Kong (1982) (Atari 2600)




動画 ― King Kong for the Atari 2600
 
これより下の文章は以下のサイトの英文を訳したものです。
翻訳することに関しては、The Video Game Criticの管理者Dave氏から承諾を得ています。
 
発売元 Tigervision (1982)
評価 C+
 
Atari 2600用に作られたこの『キングコング』には目を見張るものはなにもないけれど、以前に私が貶したほど悪くはない。
カートリッジはブルーのプラスチックで出来ており、見た目はすごく素晴らしい。
カートリッジの前面のアートワークもまた印象的だ。
もしこれを読んでいるあなたが既にこの『キングコング』が露骨に『ドンキーコング』をパクッたゲームだと見なしたならば、あなたの判断は正しい。
聴きなれたBGMとコングが左右に跳びながらステージの建造物をのぼっていくのを見れば、それは明白な事実だとわかる。
人間のキャラクターは小さいけれど、生き生きと描かれている。
プレイヤーの操作するちっちゃな主人公はクールな金髪で、ジーンズとグリーンのジャケットで着飾っている。
同様に、窮地に追い込まれた乙女は複数の色で描かれており、画面の上段ではげしく手を振る。
残念なことに、メインキャラクターのコングは物凄く哀れな姿に描かれている。
プラグラマーがこの変な類人猿を描くのにあともう2分費やしてくれていたならばなあ、と本当に思う。
あきれたことに、彼はひどくジンジャーブレッド・マンに似ているではないか!!
言うまでもなく、このゲームの目的は画面上に表示されている建造物を登っていって、女性を救い出し、得点を稼ぐ事だ。
主人公の動作は遅いけれど、走っている時のモーションはうまく描かれている。
プレイヤーはプラットフォームを登っていきながら、建造物の中を上がったり下がったりしてくる爆弾の数々をジャンプして跳び越えなければならない。
それらの爆弾は床のすき間から落ちてくることもあれば、すき間の上をまっすぐ通り越していくこともある。
物理法則をあからさまに無視したこの動きに、友人のスコットは終始イライラしていた。
“魔法の”爆弾を跳び越えると、主人公は次のフロアに持ち上げられる。そのため、この魔法の爆弾を捜し出す価値はある。
『キングコング』の当たり判定はすごく寛大だ。でも、プラットフォームの最上段までたどり着いた際に、主人公がジャンプ出来なくなってしまう仕様にはイライラさせられる。
それにもかかわらず、どうしようもないパクリゲームとして、この『キングコング』はちょっとした気晴らしの時間を楽しませてくれる。

2010年2月2日火曜日

Donkey Kong (1981) (Atari 2600)



動画 ― DONKEY KONG for Atari 2600 review
 
これより下の文章は以下のサイトの英文を訳したものです。
翻訳することに関しては、The Video Game Criticの管理者Dave氏から承諾を得ています。
 
発売元 Coleco(1981)
評価 B
 
このAtari 2600版の『ドンキーコング』は当時、多くの嘲笑の的になっていた。私が思うに、そのような扱いを受けても仕方がない側面がこのゲームにはあった。
素晴らしい出来のColecovision版の『ドンキーコング』と比べると、このAtari 2600版はかなりみすぼらしく見える。
Atari 2600版では(アーケードでは4面あったうちの)たったの2面しか再現されていなくて、ステージのデザインは簡略化されている。
最初の赤色を基調としたステージの目的は、ドンキーコングにさらわれた恋人のレディを助けるために、ハシゴを登って最上段までいくことだ。
青色を基調とした第二ステージでは、プレイヤーはさまようジーニーのランプ(これは本来ならば火の玉であるはずだ)を避けて行きながら、8つの鉄骨のボルトの上を歩いてボルトを抜いていく。
ドンキーコングはひどくデコボコしているけれど、でも私はマリオが歩いていく方向を変えた時に、彼が胸をぽんぽんと叩くその様が好きだ。
このゲーム全体の中で最も良く見えるのは、青いドレスを身にまとったブロンドヘアのレディだ。
貧相なグラフィックにもかかわらず、それでもこのゲームは反応の良い操作性と、クリーンでちらつくことのないグラフィックのおかげで楽しめるものになっている。
サウンド・エフェクトは貧弱で、無敵のハンマーを握っても音楽が流れないために、無敵状態でなくなる頃合いを計るのが困難になっている。
第二ステージで、無敵のハンマーを取ってもプレイヤーはたった一つの火の玉しか打ち砕く事ができないので、無敵のハンマーを取るための努力をする意味はほとんどない。
このゲームにはただ一つの難易度しか用意されていない。これはまったく気が利いていないとしか言いようがない。
Atari 2600版の『ドンキーコング』はプレイする分には十分にプログラムされていて楽しめるけれど、私はプログラマーがもう少しやる気を出してくれていたらなぁ、と思う。