2007年6月25日月曜日

映画監督、黒沢清の鬼気迫るFC版ドラクエⅡ レビュー

 筆者があらゆるドラクエ関連のレビューを読んだ中で、もっともスリルがあり、鬼気迫る読後感と感動を覚えたのが『CURE キュア』などの作品で知られている黒沢清の著書『映画はおそろしい』に掲載されていたドラクエⅡに関する文章である。以下そのページを引用しよう。

「FFⅢをめぐる対談記事の中の、高橋源一郎氏の発言を読んで、ハタと膝を打ってしまった。氏は"やはりドラクエⅡが最高である。ドラクエⅡには殺意が感じられた"と語っている。 
 そうなのだ。ドラクエⅡ、あれは確かに凶暴なゲームだった。プレイヤーが手塩に掛けて育てたキャラを、容赦なく皆殺しにしてしまおうとするドス黒い意志が全編を支配していた。ダンジョンの奥底でやっと見つけた宝箱を前にして、突如出現したキラータイガー四頭立てによる先制攻撃。それは悲惨としか言いようのない状況だ。バタバタと死んでゆく仲間たちは、棺桶と化して教会へ送り返される。この屈辱から立ち直るのは並たいていのことではない。 
 いったいいつの頃からだろうか、RPGがキャラを育てるゲームであるという認識が一般的になっていったのは。確かに、主人公がだんだん強くなってゆくのを見るのは楽しい。所持金がうんとたまれば、思わず顔がほころんでしまう。しかし、お金や魔法値を精一杯節約し、取れる宝は全部取って、最短コースでゴールに向かうだけがRPGではないはずだ。終了した時、100万Gたまっていたからといって、いったいなにが楽しいのか。巨大なドラゴンのボスを一刀の元に斬り捨てたからといって、何が偉いのか。RPGが効率よくコトを進めればよいだけのゲームに成り下がってはならない。 
 ドラクエⅡにもどるべきである。たかがマンドリルくんだりにボロ負けして、命からがら城へ逃げ帰ったことを思い出そう。あれは、はっきり生きるか死ぬかのゲームだった。キャラを育てようなどと考える余裕はなく、僕たちはただ何とかして生き残ることだけを考えていた。ふと気づくと、確かにキャラは成長しているのだが、そんな満足など吹っ飛んでしまうほどの凶悪な罠がすぐ先に仕掛けてある。でも、僕たちは負けなかった。 
 最初、城のまわりを逃げ腰でうろつくだけだった自分が、いつの間にか強靭な意志と勇気を持って死にいどみはじめる。ドラクエⅡは、そんな自分自身のけなげさに涙するゲームである。 
 はっきり言おう。RPGとは、断じてキャラを成長させるゲームではなく、プレイヤー自身が成長してゆくゲームなのだ。」(pp.186-187)

 
 ここで言われているドラクエⅡとはもちろんFC版のことである。後にリメイクされたSFC版とGB版は難易度が大幅に下がってしまった。つまり、本物のドラクエⅡを体験するならばFC版でなければならないのである。
 
 FC版ドラクエⅡの存在は、一種のホラーである。筆者も子供のころ体験したロンダルキアの洞窟の地獄は、はっきりと「悪夢」として記憶に刻印されている。やっとの思いで命からがらロンダルキアの洞窟を抜け出したら、そこは一面雪景色だった。ああ、なんて綺麗なんだと感嘆し、数歩踏み出すとさらに凶暴なモンスターがウジャウジャと現われてきたのである。
 
 FC版ドラクエⅡは『バイオハザード』や『サイレントヒル』シリーズより「おそろしい」ゲームであった。

2007年6月21日木曜日

ゲーマーおばあちゃんの心配な近況

http://oghc.blogspot.com/2007/06/grandma-finishing-up-ratchet-clank-size.html

下で紹介したゲーマーのおばあちゃんが体調をくずされてしまったようです。
9日の朝に、おばあちゃんは呼吸困難と胸郭の中心に激しい痛みに襲われ、動くことも長く立ち上がることも出来なくなりました(長く立ち上がっていると目まいに襲われました)。ぜんそく性気管支炎用の噴霧器で呼吸治療を行った後(おばあちゃんは噴霧器での治療を嫌がりました)、Old Grandma Hardcoreの管理人氏はおばあさんが嫌がる呼吸治療以外の方法が何かあるかどうか聞くために、緊急治療室におばあちゃんを運び込みました。病院側は心拍数を下げるのと、血液の凝固を検査するために数日間、病院で安静にさせることを決めました。これから数多くの検査を受けることになるようです。
Old Grandma Hardcoreの管理人氏は「深刻な状態ではないから、パニックを起こさないで」と書いています。

どうか元気に回復されるよう祈っています。

年老いたおばあちゃんが最新FPSをプレイ

http://oghc.blogspot.com/2007/03/video-18-grandma-plays-resistance-fall.html
ゲームが大好きなこのおばあちゃん。元気に「Fuck!」「Bitch!」「Fucker!!! Die!!!」と口走ります。
巷では、これから少子高齢化社会になるに従って、ゲーム産業が衰退するのではという声が良く聞かれます。しかし、もし上の動画のようなおばあちゃんが増えればそういった問題も杞憂になるでしょう。どうか長生きしてください!

2007年6月20日水曜日

Mupen64K readmeテキストを翻訳

okaygo氏によってMupen64Kがリリースされました。
http://okaycreations.com/

Goldeneyeのネットプレイの様子。
http://www.youtube.com/watch?v=qH_Ofa85cs0

大乱闘スマッシュブラザーズのネットプレイの様子。
http://youtube.com/watch?v=7CRCe1Wcjm8

そんでもって、mupen64k_readme_and_guide.txtのネットプレイの箇所を翻訳しておきました。

IV. ネットプレイの開始
-------------------------
さて、Mupen64Kでのネットプレイをはじめるにあたって、このセクションでは適切にKailleraをセッティングするためのガイドを提供しようと思います。

私は二つのバージョンのKailleraを提供しました。Supraclient CPPEとオリジナル・コアです。

それらの一つを起動するために、プラグインとロム・ディレクトリを設定したらUtilities -> Kaillera もしくは Old Kaillera
※もしはじめてKailleraを使うのなら、Old Kailleraを使ってください。なぜなら、それによってより確実に不具合を減らすことが出来るからです。

では、これからOld Kailleraの使い方について説明しよう!
はじめに、username ボックス(底にあります)のなかにあなたのユーザーネームを入れてください。次にあなたのコネクション・タイプとして'Good (20 keyframes/s)'を選んでください。

今、あなたは他のサーバーを使っているかもしれませんが、実践的な目的として、それとガイドを書くのを容易にするためにどうやってEmularena Groundsに接続するかを説明します。

'Enter IP'をクリックしてボックスの中に以下のアドレスを貼り付けてください。
69.90.34.14:27888

そしてconnectをクリック! 次回にサーバーに接続するときは、Recent タブをチェックしてください。
さあ、今あなたはサーバーの中にいるはずです。もし接続されていないのならサーバーがダウンしています。そして今あなたはどうやってあなた自身でサーバー・リストを更新する方法を理解するかという機会を得ています……。(そのようなことが決して起こらないと祈ってますけど(笑))

今、'Join' と'Create Game'という二つのボタンがあるはずです。
もしロム・ディレクトリを設定してあるならば、他の人とのゲームに参加するためにはその人とあなたのMupenのバージョンが同じである必要があります。
もしCreate Gameをクリックして何も起こらないならば、以下のガイドに従ってください。

・あなたのディレクトリを設定してあるかどうか確認してください。
・Refresh ROM Listであなたのロムリストを更新してください。
・ディレクトリを設定した後、Mupen64Kをリスタートしてください。
・Kailleraをリスタートしてください。もしあなたが大量のロムを所有している場合、より小さい容量のフォルダを作ってそれをあなたのロム・ディレクトリとして使ってください。(古いやつはあなたのリストから除去してください)
・バグのあったMupen64.iniを所有していたかもしれないので、Mupen64Kをダウンロードしなおしてください。
http://www.emularenagrounds.com/に投稿するか、Mupen64kをサポートしている他のエミュレータのフォーラムで質問をしてみてください。(どうか問題の詳細を書き込んでくださるようにようにお願いいたします)

時々、ゲーム中に同期がとれない時は、ゲームデータのパケット送信が落ちているか、ラグです。もしこのようなことが起きたら、ゲームをリスタートしてください…しかしながらMupen64Kはほとんど同期ずれを起こしません。ゴールデンアイのようなゲームでさえプレイできます…。

2007年6月18日月曜日

スーパーマリオ最速クリア 世界新記録更新

Andrew Gardikis氏によってスーパーマリオ最速クリアの世界記録が塗り替えられました。
タイムは5:00ジャスト。
http://speeddemosarchive.com/Mario1.html

Flashによる動画
http://speeddemosarchive.com/flash.pl?Mario1_500

パックンフラワーに触れずに、土管の縁をジャンプして行くところなど、スゴイです。