2014年12月7日日曜日

Fast Eddie (1982) (Atari 2600)





































これより下の文章は以下のサイトの英文を訳したものです。
翻訳することに関しては、The Video Game Criticの管理者Dave氏から承諾を得ています。
http://videogamecritic.com/2600ff.htm#rev185

発売元 20th Century Fox (1982)
評価 C

このゲームは私がプレイした中で最も独創的なゲームだとは言えないにしても(むしろその正反対だ)、プレイアビリティの点からいうと『Fast Eddie』にはこのゲーム特有の独創性を備えている。
プレイヤーは複数の色が施されているキャラクターを操作して、階段でつながっている5つのフロアで構成されたステージの中を移動しながら、アイテムを集めていく。
各フロアでは、"スニーカーズ"という名称の、目と小さな白い足のついた青いドーム状の敵が動きまわっている。
ゲームの目的は、10個のオブジェクトを集め、最後に鍵を獲得し、たくさんのポイントを稼ぐと同時に次のステージへと進んでいく事だ。
ハートや魚、あるいは戦車など、各面ごとに新しいオブジェクトが用意されている。
ゲームのタイトルが示す通り、アクションはスムーズで、なおかつ慌ただしいものとなる。
操作性は良く、主人公は長い距離を跳ぶことが出来る。
ステージが進んでいくと、プレイヤーは複数で共に行動していたり、幅が広くなっていたりするスニーカーズと対峙しなくてはならなくなる。
このゲームには8つの難易度が用意されているのだが、高難易度のステージではプレイヤーは細心の注意を払いながら主人公を操作していくことが必要になってくる。
残念なことに、ゲームオーバーになるとプレイヤーは1面に戻されてしまう。これにはイライラさせられる。
もうひとつの欠点は、階段を上り下りしている時の当たり判定が粗雑な事だ。階段を登っている時は、事実上、主人公が無敵になるのだ。
ありがたいことに、プレイヤーはゲームの攻略にこの仕様をうまく利用出来るのだ!
このゲームの難易度5をプレイしてみて、どれくらい先のステージまで進める事が出来るか試してみよう。
『Fast Eddie』はあまりパッとしないゲームかもしれないけれど、このあまりパッとしないゲームがプレイヤーにガツンとくるような爽快感をあたえてくれるのだ!