2008年6月9日月曜日

Trick Shot (1982) (Atari 2600)



これより下の文章は以下のサイトの英文を訳したものです。
翻訳することに関しては、The Video Game Criticの管理者Dave氏から承諾を得ています。
 
発売元 Imagic (1982)
評価 B
 
これは私が知っている唯一のプール(ポケットビリヤード)を題材にしたAtari 2600用のゲームだけれど、このゲームは本当に面白い。
グラフィックはデコボコしているが、機能的だ。
台の上にはたった3つのボールしかない。しかし、物理計算に基づいたボールの動きは驚くほどリアリスティックだ。
プレイヤーはどれ位の強さでショットをするか調整できるだけでなく、“イングリッシュ”(スピン)を加えることもできる。
ショットをする方向を定めるために、プレイヤーはボールの周囲にある小さなドットを動かすことになる。プレイヤーがショットを出来る方向は限られているが、イングリッシュを使うことでそれを補うことが出来る。
このゲームにはトリックショット・モード、プール(ポケットビリヤード)、練習モード、そしてイングリッシュビリヤードなどのいくつかのモードが用意されている。
トリックショット・モードでは得点が表示されるので、一人プレイに向いている。プール・モードは二人で競い合って遊ぶのに適している。そしてイングリッシュビリヤードにはより複雑なバリエーションがある。
『Trick Shot』はあらゆる点において優れたゲームだ。