2008年2月23日土曜日

Texas Chainsaw Massacre (1983) (Atari 2600)



映画『The Texas Chainsaw Massacre』(邦題『悪魔のいけにえ』1974年上映、監督―トビー・フーパー)のゲーム化作品。
 
これより下の文章は以下のサイトの英文を訳したものです。翻訳することに関しては、The Video Game Criticの管理者Dave氏から承諾を得ています。http://www.videogamecritic.net/2600tt.htm#Texas_Chainsaw_Massacre
 
発売元 Wizard (1983)
評価 F
 
Wizard社はHalloweenをヒットさせたが、同名映画をゲーム化したこのゲームはどうしようもなく悲惨な出来になっている。
Texas Chainsaw Massacreは題材となった映画と同じ程、不快な気分にさせてくれる。
妻と私は数年前にビデオでこの1974年に作られた映画を見たのだが、それは私たちを恐怖のどん底に陥れることになったのだ!
まあそれはさておき、これはプレイヤーが“悪漢”を操作することになる初期のビデオゲームの内のひとつだ。
あなたはレザーフェイス(マスクをしてチェーンソーを振り回す狂人)となり、ガソリンが切れる前に可能な限り多くの罪のない人々を切り身にする。
プレイヤーは「いけにえ」となる無力な犠牲者を捜したり、車椅子や牛の骨などの障害物を避けたりしながら、スクリーンを横にスクロールさせることが出来る。
ゲーム内容は、完全なる悪夢だ(と言えるほどひどい)。
犠牲者(いけにえ)は、プレイヤーが犠牲者に接触する前に不可解にも消滅してしまうし、プレイヤーが操作するレザーフェイスはたびたび固まって動けなくなってしまう。
グラフィックがこれまたひどい。
レザーフェイスは映画のキャラクターとまったく似ていないし、逃げ回る女性はまるでFisher Priceのオモチャのように見える。
彼女たちの“叫び”は耳を刺すような甲高い声色で伝わってくるが、このことは聴覚障害のないすべてのゲーマーに、テレビのミュートボタンを即座に押すことを強いるだろう。
プレイヤーが誰かを殺した際には、彼女らは粗末に描かれた死体に変わる。
Texas Chainsaw Massacreはプレイする価値のほとんどない、珍奇なアイテムだ。
貧相なエンディングではひとりの人間がレザーフェイスのケツを蹴飛ばす様子が描かれている!
そのシーンが終わったら私にそのことを伝えてくれませんか!
--------------------------------------------------------------------------------
動画